IBS|WORLD FAMILY INSTITUTE OF BILINDUAL SCIENCEIBS|WORLD FAMILY INSTITUTE OF BILINDUAL SCIENCE

ワールドファミリーバイリンガルサイエンス研究所

日本の子供たちが、英語を身につけて ミライに羽ばたくために。

2019.10.25

「親は英語を話せません。小さいころから親が英語で話しかけなくても、子どもは日本語と英語のバイリンガルになりますか?」

「親は英語を話せません。小さいころから親が英語で話しかけなくても、子どもは日本語と英語のバイリンガルになりますか?」

■ 今回の悩み・疑問
親は英語を話せません。小さいころから親が英語で話しかけなくても、子どもは日本語と英語のバイリンガルになりますか?

 

■ 回答
子どもは、乳幼児期から多様な環境で言語を学ぶことができます。そのため、子どもの英語学習において、親が英語で話しかける必要はありませんが、一緒に英語にふれる「仲間」として子どもの学習を手助けすることができます。

 

関連する先行研究を見てみましょう

①親の発話から学ぶには条件がある
乳幼児期に親(養育者) が話しかける発話は、子どもの言語発達を促進する場合がありますが、声の高さや抑揚の大きさ、語の種類(名詞/形容詞/動詞、日常的に触れる高頻度語かどうかなど)、文脈(現在・過去・未来の話題、説明文、絵本読み聞かせなど)、文構造の複雑さなど、子どもの年齢や認知発達段階に応じて、さまざまな発話の「質」が条件となります(参考文献1、2、3、4、5)。

そのため、親の発話すべてがインプットになるわけではありません。

 

②すぐに関連性のある反応をすること が重要
近年は、親の発話以上に、親と子どものやりとりにおける相互作用が注目されています(参考文献4)。

発語前であっても、子どもの行動(視線・身体の動き、喃語、発語など)に親が反応を示して子どもがさらに反応する、というような双方向に連動するやりとりを行うことは、子どもの言語発達(発声数や構音能力、語彙など)に良い影響を与えます(参考文献6、7、8、9)。

大人が子どもの行動に対してすぐに反応すること(参考文献6,8)や、子どもの行動や注意・関心の対象に関連性のある応答的な反応(例:子どもの笑顔を見て微笑みかける、子どもが遊んでいるおもちゃに対して「それはボールだね」などとコメントする)をすること(参考文献9、10), が学習を手助けするのです。

 

③「親」、「対面」、「話しかけられる」は必須条件ではない
さらに、1歳半ごろからは語彙が急激に増加していきます が、相手が親でなくても、また、対面している人物でなくても(ビデオチャットやタッチスクリーン活用によるやりとり)、上記の特徴をもつ双方向のやりとりが語彙学習にも役立ちます(参考文献12、13、14) 。

また、事前に録画された映像の登場人物がそのようなやりとりで学ぶ様子を第三者として見るだけでも語彙を学習できることを示す研究結果(参考文献15)もあります。

子どもは、双方向に関わり合うやりとりを何かしらの形で経験することよって、自分自身や自分の行動・関心などと関連していると感じ、自ら注意を向けて関わろうとしたり(参考文献10,12,13)、脳が活性化したり(参考文献16)して結果的に学習効果が高まると考えられています。

 

④親には「仲間」という役割もある
このように、言語学や発達心理学などの分野では、乳幼児でさえ多様な環境で学ぶことができるという見解が主流であり、学習教材やアプリへの応用を検討する研究も進んでいます(参考文献17)。

よって、子どもの英語学習において、必ずしも親が英語で話しかける必要はありません。

そして、乳幼児は外国語にふれるときに他者が隣に存在するだけでも学習が促されることが脳科学的研究(参考文献18)で示されており、親は、一緒に英語にふれる経験をする「仲間」としての役割を担うことで子どもの英語学習に貢献することもできます。

 

■関連記事
・幼児がSkypeレッスンで言語学習するための重要な要素
・幼児はどのような映像で単語を学習するのか?
・1人より2人のほうが良い – 映像による乳児の言語学習力が仲間の存在で向上—

 

■参考文献

[1] Ma, W., Golinkoff, R.M., Houston, D., and Hirsh-Pasek, K. (2011). Word Learning in infant- and Adult-Directed Speech. Language Learning and Development, 7(3): 185-201.

https://doi.org/10.1080/15475441.2011.579839

 

[2] Ramirez-Esparza et al. (2017). The Impact of Early Social Interactions on Later Language Development in Spanish-English Bilingual Infants. Child Development, 88(4): 1216-1234.

https://doi.org/10.1111/cdev.12648

 

[3] Rowe, M. L. (2012). A Longitudinal Investigation of the Role of Quantity and Quality of Child-Directed Speech in Vocabulary Development. Child Development, 83(5): 1762-1774.

https://doi.org/10.1111/j.1467-8624.2012.01805.x

 

[4] Schwab, J.F. & Lew-Williams, C. (2016). Language learning, socioeconomic status, and child-directed speech. Wiley Interdisciplinary Reviews: Cognitive Science, 7(4): 264-275.

https://doi.org/10.1002/wcs.1393

 

[5] Thiessen, E.D., Hill, E.A., and Saffran, J.R. (2005). Infant-Directed Speech Facilitates Word Segmentation. Infancy, 7(1): 53-71.

https://doi.org/10.1207/s15327078in0701_5

 

[6] Goldstein, .H. & Schwade, J.A. (2008). Social Feedback to Infant’s Babbling Facilitates Rapid Phonological Learning. Psychological Science, 19(5): 515-523.

https://doi.org/10.1111%2Fj.1467-9280.2008.02117.x

 

[7] Hirsh-Pasek, K., Adamson, L.B., Bakerman, R., Owen, M.T., Golinkoff, R.M., Pace, A., Suma, K. (2015). The Contribution of Early Communication Quality to Low-Income Children’s Language Success. Psychological Science, 26(7): 1071-1083.

https://doi.org/10.1177/0956797615581493

 

[8] Miller, J.L. & Lossia, A.K. (2013). Prelinguistic infants’ communicative system: Role of caregiver social feedback. First Language, 33(5): 524-544.

https://doi.org/10.1177/0142723713503147

 

[9] Nicely, P., Tamis-LeMonda, C.S., and Bornstein, M.H. (1999). Mothers’ Attuned Responses to Infant Affect Expressivity Promote Earlier Achievement of Language Milestones. Infant Behavior & Development, 22(4): 557-568.

https://doi.org/10.1016/S0163-6383(00)00023-0

 

[10] Miller, J.L. & Gros-Louis, J. (2013). Socially guided attention influences infants’ communicative behavior. Infant Behavior and Development, 36(4): 627-634

https://dx.doi.org/10.1016/j.infbeh.2013.06.010

 

[11] Bates, E., Marchman, V., Thal D., Fenson, L., Dale, P., Reznick, S., Hartung, J. (1994). Developmental and stylistic variation in the composition of early vocabulary. Journal of Child Language, 21(1): 85-123.

https://doi.org/10.1017/S0305000900008680

 

[12] Roseberry, S., Hirsh-Pasek, K., and Golinkoff, R.M.(2014). Skype me! Socially Contingent Interactions Help Toddlers Learn Language. Child Development, 85(3): 956-970.

https://doi.org/10.1111/cdev.12166

 

[13] Myers, L.J., LeWitt, R.B., Gallo, R.E., and Maselli, N.M. (2017). Baby FaceTime: Can toddlers learn from online video chat? Developmental Science, 20(4): e12430.

https://doi.org/10.1111/desc.12430

 

[14] Kirkorian, H.L., Choi, K., and Pempek, T.A. (2016). Toddlers’ Word Learning From Contingent and Noncontingent Video on Touch Screens. Child Development, 87(2): 405-413.

https://doi.org/10.1111/cdev.12508

 

[15] O’Dhoherty, K., Troseth, G.J., Shimpi, P.M., Goldenberg, E., Akhtar, N., and Saylor, M.M. (2011). Third-Party Social Interaction and Word Learning from Video. Child Development, 82(3): 902-915.

https://doi.org/10.1111/j.1467-8624.2011.01579.x

 

[16] Tricomi, E., Delgado, M.R., McCandliss, B.D., McClenlland, J.L., and Fiez, J.A. (2006). Performance Feedback Drives Caudate Activation in a Phonological Learning Task. Journal of Cognitive Neurosciene, 18(6): 1029-1043.

https://doi.org/10.1162/jocn.2006.18.6.1029

 

[17] Hirsh-Pasek, K., Zosh, J.M., Golinkoff, R.M., Gray, J.H., Robb, M.B., and Kaufman, J. (2015). Putting Education in “Educational” Apps: Lessons From the Science of Learning. Psychological Science in the Public Interest, 16(1): 3-34.

https://doi.org/10.1177/1529100615569721

 

[18] Lytle, S.R., Garcia-Sierra, A., and Kuhl, P.K. (2018). Two are better than one: Infant language learning from video improves in the presence of peers. Proceedings of the National Academy Sciences, 115(40): 9859-9866.

https://doi.org/10.1073/pnas.1611621115

PAGE TOP