日本の子供たちが、英語を身につけて ミライに羽ばたくために。

メディア掲載実績

「ワールド・ファミリーバイリンガルサイエンス研究所(IBS)」は、日本の英語教育発展のための早期からの英語教育を研究している機関です。幼児期の英語教育の研究成果は、国内外のアカデミアやマスコミ、インターネット上の様々なメディアを通して発表されます。真のグローバル人材を育成したいという機関、団体、子どもをもつ母親にとっての中立的かつ、有益な情報提供を行っています。

取り組みの内容

  • 教育機関での授業研究・意見交換会・勉強会
  • 新聞・専門誌など紙媒体への寄稿・記事監修
  • 最新論文紹介・研究員インタビュー
  • 大手webメディアへの寄稿・監修
  • 書籍の監修協力

取材協力・ご掲載のご希望は、お気軽にお問い合わせください。

contact@bilingualscience.com

最近の掲載・取り組み実績の紹介

メディア掲載・取り組みの実績の記事一覧を掲載しています。

2021/10/16:学校の先生も苦戦!子どもの“生涯所得”に直結する英語教育、親がすべき行動パターン | 週刊女性PRIME

https://www.jprime.jp/articles/-/22182

2021/10/28:小学校の英語授業「嫌い」3割 : 教育 : 教育・受験・就活 : 読売新聞オンライン

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/20211027-OYT8T50140/

2021/11/19:英語習得のために重要な「学習者」のあり方に関するインタビュー記事公開 | プレスリリース | コラム|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

https://www.newsweekjapan.jp/press-release/2021/11/post-391.php

2021/12/07:早稲田大学教授らが視察 | 東日新聞

https://www.tonichi.net/news/index.php?id=91861

2021/12/14:IBS、愛知県豊橋市立八町小でイマ―ジョン教育の授業視察および英語担当教員との意見交換会を実施 |EdTech Media

https://edtech-media.com/archives/49820

2022/6/10:IBS、第1回メディア向けセミナー「VRやAIを活用した最先端の英語学習法」の実施レポートが公開 |EdTech Media

https://edtech-media.com/archives/51326

2022/6/14:八町小学校で公開授業 英語担当教員64人が参加/イマージョン教育コース | 東日新聞

https://www.tonichi.net/news/index.php?id=95310

ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所 研究員紹介

所長:大井静雄 Shizuo Oi 脳神経外科医・発達脳科学研究者 ドイツ・ハノーバー国際神経科学研究所(INI)小児脳神経外科 名誉教授

学術アドバイザー:原田哲男 Tetsuo Harada 早稲田大学 教育学部・総合学術院 教授

主任研究員:ジェイコブス・ポール Paul Jacobs

研究員:佐藤 有里 Yuri Sato

研究員・事務局:本郷 雅英 Masahide Hongo

ワールド・ファミリー バイリンガルサイエンス研究所詳細・研究員経歴の詳細ページ

取材協力・ご掲載のご希望は、お気軽にお問い合わせください。

contact@bilingualscience.com

PAGE TOP